車体の傷は直す必要はない!むしろ直せば損することも!

車を少しでも高く売ろうと思って、

 

査定を受ける前に

傷を直してから売ろうという人がいるかと思います。

 

傷のついた車よりも傷のない車のほうが、

当然高額で買取してもらうことができるので、

そう思ってしまうのは仕方のないことだと思います。

 



でも、

 

その傷を直してしまうことで

損するとなったらいかがでしょうか?

 

直す人なんていないですよね?

 



車の傷を直すためには、

 

車の修理業者に車を持っていき

直してもらうことになるかと思いますが、

 

この時に修理、補修のための費用が発生します。

 

そしてこの修理費用というのが肝で、

この時に発生する修理費用が、

 

傷を直したことで

高くなる買取価格の金額差よりも

高額となってしまうことがあるのです。

 

結果傷を直したことで

損することになってしまうのです。

 



でも結局は、

車を買取した中古車店だって

傷を直してから販売するんだから同じなんじゃないの?

って思う方もいると思います。

 

僕も最初はそう思いましたが、

この車買取豊橋市というサイトで書かれているように、

中古車店は買取のプロですので、

そういった車の傷を直すことも得意で、

 

僕たち一般の人よりも

安く直すことができるのだそうです。

 

だから車に傷がある時でも、

直さずにそのままの状態で

買取してもらうようにすると、

損しなくて済むのでいいかと思います。